情報漏洩2895万件で、補償は一人500円の金券

2014年9月10日 16:46 | 経済 | By: 管理人

ベネッセ・ホールディングは、顧客情報の開示の出来事に応じてそれが情報セキュリティー会社のラックおよび合資会社を設立すると10日に発表しました。
それは、顧客情報のデータベースのメンテナンスおよび雇用に対処します。
状況、および開示に帰着した将来の情報管理構成の強化に関して東京で同じ日に記者会見を与えて、議長原田泳幸および大統領は、「彼は心配を引き起こし、それが深く謝罪する」と謝罪しました。
原田議長、およびインタビュー(右)=新宿区、絵議長原田の10番目の拡張の午後の東京、およびインタビュー(右)=新宿区(10番目の午後の東京)を与える、ベネッセ・ホールディングの社長を与える、ベネッセ・ホールディングの社長
始めと比較して、開示を備えた場合の数は増加しました。また、約35,040,000の事務(それは、実情の数による約28,950,000の事務で評価します)までそれが行ったことが説明されました。
手紙は10月末日までに開示のために顧客のもとへ送られるでしょう。500円の価値の金貨兌換紙幣が補償として準備されていることはさらに明白に示されました。
オーダースーツを着こなす方法
開示の原因は説明された、それらの会社とITリテラシーの情報セキュリティーに関する自惚れの不足、監査と監視システムの利用、倫理の主義に形成された、その人間の先天的な性質はよい、など、甘味に適した、企業風土に起因すること」(原田会長)
ラックと合資会社は10月1日に情報管理構成の強化の方へ確立されます。それは、「主要なセキュリティ組織のメンテナンス運用体制は世界で構築される(言った)」と想定しました。
用語の連結業績予想に関して、10日の記者会見で、2015年3月に終了した、それはどれを推測しているか、いつ(示さずに)議長原田泳幸および社長は、用語の決算発表の時に公式に発表しました、14年の4を終了した?
9月と彼は明確にしました。
この情報漏洩に応じて、出来事、それは、「それがDMのみに依存しない営業方法の開発は、将来のマーケティング(分離を目指して)に関してダイレクト・メール(DM)センターから取り組まれます」と言い、ビジネスモデルの改革に取り組む考えを明確にしました。
さらに、データベースに流出の原因に関するアクセスがあった時、機能がありました、自動的に記録した、しかし、それはレコードを周期的にチェックしていないことに言及しました、など、35の会社が明らかにされた個人情報を使用しました。また、情報の削除のための起業家に尋ねるような使用停止が影響を及ぼしたことが説明されました。


Warning: require_once(/home/usweb/www/002_business-headline.net/002_business-headline.net/cb_link.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/usweb/www/002_business-headline.net/wp-content/themes/1024px/single.php on line 24

Fatal error: require_once(): Failed opening required '/home/usweb/www/002_business-headline.net/002_business-headline.net/cb_link.php' (include_path='.:/usr/local/php/5.6/lib/php') in /home/usweb/www/002_business-headline.net/wp-content/themes/1024px/single.php on line 24