中国の富裕層に海外の不動産に対する投資の動き

2014年7月23日 17:31 | 未分類 | By: 管理人

いくらかの中で、中国に豊富、国内の不動産への投資は縮小されました。また、海外の不動産を購入する動きは現われました。
国内の住宅価格の落下が受け取られ、不動産市場の回復には近隣がないという見解が浮上したのが背景です。
しかしながら、金持ちが必ずしも資金を調達していない多くの音声がさらにあります、伸張の国内市場、また外に現在見る必要がないこと
プライベート・バンキング・セクション投資戦略家(ある主な国立銀行)は、「なるほど、不動産部門への投資を縮小している顧客がいる」が、それが一般的傾向であるとは言うことができないことを示します。
中国招商銀行のプライベート・バンキングを専門とする管理は、さらに「もし大きな出資額が不動産のためになされなければ、販売が急いで取り出されることは、状況でない」ことを視界に示しました。
さらに、国の低い実質預金金利および海外の不動産への困難な投資の中流階級は、彼が国内の不動産に注意を払う第2の家および3番目の住宅を購入したとsucceedinglyに言います。
視界、で<「金持ちは少数民族である」さらにある>。
投資評価会社CEBMグループの不動産アナリストは、「wealthyの選択は少数民族の選択で、一般大衆が、同じ方角に今後動くようには見えない」ことを示します。
「経済予測は不透明です。また、状況を見ている多くの人々がいます。
回復のサインが市場へ現われた時、潜在的買い手が恐らく返した視界」示されました。
そのような見解はさらに支持されます、データ。
6月の(起源、構築される)増加中の新しい預金、3兆8000億元まで急速に。
過去少なくとも1年で最も大きな成長が記録されました。
中国人民銀行(中央銀行)の第2・四半期の消費者調査はさらに新しく住宅を購入したいと答えた世帯は、全体の14%で、昨年の同期以来ずっとほとんど変わっていません。
<新築住宅価格および2か月の継続による落下である。>
しかしながら、6月の新築住宅価格は2か月連続の間低下しています、そして、部分的に、関係がある、住宅価格の落下が長い期間の間今後継続するだろうかどうかは浮上しました。
それはかつて裕福な中国人がない歩みで海外の不動産に投資しました。また、中国の人々は1年で海外のプレーヤーになるでしょう。また、それは、ニューヨーク、シドニーおよびロンドンの不動産市場で最も偉大な投資者への表面へ上昇しました。
アメリカの現実的なターズ協会のデータによれば、今年、3月までに1年間米国の住宅を購入した外国人の16%は中国人です。
それは、昨年および一昨年の12%から上昇して行きます。
しかしながら、中国の不動産販売は、8兆1000億元(1兆3000億ドル)昨年、および少額中の海外の残りを比較的流した資金になりました。
庶民金庫は、国内の都市銀行が提供した外国投資サービスの調査に着手しています。また、そのような運動はさらに海外のことへの投資意欲をコントロールする要因になるかもしれません。
上海を持った不動産屋を訪れた前の投資産業での関係者「当然、投資のための住宅は購入されます。
不動産投資はその特性を保護する最良の手段です。
それは上海のような大きな都市にちょうどあったことを特に言われていました。」


Warning: require_once(/home/usweb/www/002_business-headline.net/002_business-headline.net/cb_link.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/usweb/www/002_business-headline.net/wp-content/themes/1024px/single.php on line 24

Fatal error: require_once(): Failed opening required '/home/usweb/www/002_business-headline.net/002_business-headline.net/cb_link.php' (include_path='.:/usr/local/php/5.6/lib/php') in /home/usweb/www/002_business-headline.net/wp-content/themes/1024px/single.php on line 24